東演HP>>宮本研 紀伊國屋ホール連続公演/劇団東演第146回公演『明治の柩』 >公演情報

宮本研 紀伊國屋ホール連続公演
棄てられた民の怒り
劇団東演第146回公演

『明治の柩』


作/宮本研
演出/黒岩亮

2015年
11月27日(金)〜12月4日(金)
紀伊國屋ホール 
(新宿駅東口より徒歩)

 

   


戦後70年、日本の民主主義が崩壊の危機に直面しているいま、
我々は時代の曲がり角を果たしてどう乗り切るのか、
改めて民主主義の源流を探り、現代を厳しく照射、
「怒り」を爆発させる!

劇団東演と劇団青年座が渾身の思いを込めて取り組む
「棄てられた民の怒り」連続公演、
この秋見逃せない舞台だ!

≪物語≫
明治32年、合図の鐘で請願陳情のために集まった百姓は一万人。
蓆旗に蓑、笠、草鞋。
花火を打ち上げ打ち上げ、村を押し出したのが朝の3時…。
歩きづくめの二晩で、着いたのが東京のとば口、江戸川のヘリ。
しかし案の定、何百という憲兵と巡査が立ちはだかり、解散命令!

明治政府は富国強兵の象徴である足尾銅山の増産につぐ増産を奨励、
それにあわせて坑道に使うため山林の伐採を重ね、洪水を誘発し、
精錬による鉱毒を無防備に広げる結果となった。
渡良瀬川の氾濫は度重なり、
近隣の村々の田畑はその鉱毒により汚染され、
農民は生活を奪われていった。

農民と憲兵・巡査との間に、
駆けつけた衆議院議員・旗中正造は割って入り
「いまや政府は人民の政府なのであります。
日本は立憲君主国であり、
みなさんの請願陳情はこの旗中正造にお任せ下さい。
必ずやみなさんの願いは責任を持って実現いたします!」
と訴える…。

しかし明治政府は旗中の思いとは逆の道を突き進んでいく。
果たして請願陳情の農民たちの行途は……。


   
 

 
豊泉由樹緒
 
能登剛
 
南保大樹
 
奥山浩

 
星野真広
 
原野寛之

 
清川佑介
 
木野雄大
 
腰越夏水
 
和泉れい子
 
古田美奈子
 
竃二紗子

 
大川綾香
 
 
【客演】 
 
名取幸政(青年座)
 
蓮池龍三(バオバブ)
 
宮川知久(Pカンパニー)

 
一川靖司(Pカンパニー)

 
森源次郎(Pカンパニー)
 
藤本稜太(フリー)

 
  
   

 
 
 
  宮本 研  
 
演出
黒岩 亮  
 
   
 
美術
柴田秀子  
 
照明
櫻井真澄  
 
音響
秦 大介  
 
衣裳
有島由生  
 
宣伝美術
コガワ・ミチヒロ  
 
   
 
舞台監督
井上 卓  
 
制作
横川 功  
   

 
 

        
11月27日
(金)
28日
(土)
29日
(日)
30日
(月)
12月1日
(火)
2日
(水)
3日
4日
13:30
     
18:30
         

2015年11月27日(金)〜12月4日(金)  新宿東口紀伊國屋ホール

■初日特典=11月27日(金)初日はオール4,000円(学生は3,000円)
★終演後アフタートークあり(青年座+東演共催)
 

 
         
 
     
 5,000円
   3,000円 (学生証提示)
   4,500円 (65才以上)
 
15,000円
 *劇団のみ取り扱い
大変お得なチケットです。
3名様の代金で4名様が観劇できます。
■初日特典=11月27日(金)初日はオール4,000円(学生は3,000円)
全て税込み[全指定席]
 
  
  劇団東演 お問い合せ
  TEL 03−3419−2871   FAX 03−3414−4753
  Mail: info@t-toen.com
 
  《メールor電話orFAXで簡単ご予約!》

  ◎チケットは上記電話番号にて月曜〜土曜10:00〜18:00承ります。  

   また,FAXやメールでご予約の方は,下記の項目をお送りくださいませ。 受信確認後,おって回答させていただきます。

      @氏名  A住所  B電話番号  Cご希望の日時  D券種  E枚数