劇団東演へメールでのお問い合わせ 更新履歴
東演俳優連名&プロフィール劇団への地図
 
   写真帳《その1》

 《その1へ》 《その2へ》 《その3へ》 《その4へ》 《その5へ》

 

 

モスクワ空港
成田空港から10時間の空の旅を終え,
ロシアの地に一歩を踏み出した私たちを出迎えたのは,
静かに舞い落ちる雪の花弁でした。

 


モスクワ赤の広場で

これから始まるロシア公演への
期待と希望に胸を膨らませたツアーメンバーの集合写真です。

 

ホテルから稽古場へ
雪の積もった住宅街を揃って稽古場に向かいます。
幸い寒さはさほどではなく余裕の足取りです。
先頭を歩いているのはナースチャ役の鶉野さん
ユーゴザパト劇場楽屋口付近
写真左手前に入り口があります。
広い車道を挟んだ反対側に寺院が見えます。

 


ユーゴザパト劇場
広い道路側から見た全景です。
煉瓦の壁の中は客席裏の通路でユーゴザパト劇場の
数々の名舞台の写真が飾られています。

 

ユーゴザパト劇場
楽屋口の反対側から見た様子。
稽古場風景
中央は台本の翻訳者であり
コーディネーターでもある佐藤氏。
右側はユーゴザパト劇場の文芸部の責任者。
日本側の台本とロシア側の台本の
最終調整をしている様子です。

 

稽古場風景
稽古前に台本を読みながら確認をしている
ブブノフ(豊泉由樹緒)
座っているのはベリャコーヴィッチ版
『どん底』になくてはならない二段ベッド。
稽古場風景
衣装合わせ中の女優陣。
ランチタイム
劇場の地下にあるカフェで,
専属の料理人による本場のロシア料理を
日替わりメニューで楽しませていただいてます。
ロシアは昼食が一日で一番大事な食事ということで,
われわれが一人前を平らげようとすると
動けなくなってしまいます。
そこで半人前で注文する人がほとんどとなってしまいました。
写真左から安田,古田,江上。

 

際婦人デー
ロシアでは3月8日が国民の祝日となっています。
その日ユーゴザパト劇場では若手劇団員による
スペシャルナイトプログラムが行われました。
客席は立ち見が出るほどの盛況ぶりで,
エネルギッシュな舞台と客席が一体となって
素晴らしいエンターテイメントに酔いしれました。
東演の役者陣も日本の香りを届けようと友情出演をし,
今回の合同公演の第一歩を踏むこととなりました。
その打ち上げの席上で
ロシア側の女優やスタッフの方々に花を贈っているところです。
中央の女性は『夏の夜の夢』でハーミヤを演じています。
その左奥に見えるのは『ロミオとジュリエット』のジュリエットです。

 

際婦人デー
「歌ミーシャ」の愛称で呼ばれるミーシャさんの熱唱に,
思わず舞台に駆け上がり踊り始めた女性陣。

 


モスクワの夕日

丁度日が沈む頃,稽古を終えてホテルに戻ります。
劇場では毎晩日替わりでユーゴザパト劇場の人気演目が演じられています。

 

写真帳《その2》へ   『どん底』ロシア公演ホームへ

 
 
 
 
 

 

e-mailはこちら