劇団東演へメールでのお問い合わせ
東演俳優連名&プロフィール劇団への地図
1959年  1月 東京演劇ゼミナール発足。
 5月 新潟演劇鑑賞協会主催の演劇教室に、下村正夫、講師として出席。
チェーホフ作「熊」を上演。
   
 5月 体操の野口三千三、声楽の増位貞臣、洋子、朝倉摂氏らの協力を得、
俳優の演技創造の討論会を始める。
   
 8月 日本演劇教育連盟夏の大会に「熊」を上演。
 9〜12月 討論会継続。

1960年  1月 チェーホフ生誕百年祭に向け上演体制に入る。
 6月 新劇人会議参加
10月 チェーホフ生誕百年祭に、ヴォードビル集「できそこない」を、
日ソ協会・中央公論社の後援にて上演
   
11月 東京都教育庁主催の職場演劇指導者講習会に下村正夫、講師として出席。
「コース・ガール」を上演。

1961年  2月 日立レディス・ホールにてチェーホフのコントを上演。
 3月 ヴォードビル第2集「どこかの国に似た話」を千代田公会堂にて上演。
 4月 東京労演の演劇教室に下村正夫の講演と共にチェーホフ作「煙草の害について」
「幸福な男」「コーラス・ガール」を上演。
   
 4月 チェーホフ作「森の主」の作品検討。
 5月 ゼミナール主催の演劇講習会をひらく。
 6月 ゼミナール主催、年間演劇教室を開催。
 7月 チェーホフ作「プロポーズ」上演
 7月 「ワーニャ伯父さん」の稽古に入る。
 8月 八田元夫の戯曲「まだ今日のほうが!」(二幕)完成
12月 神戸地方公演(チェーホフヴォードビル集)

1962年  1月 実験劇場第一回公演八田元夫作演出「まだ今日のほうが!」(二幕)上演
 5月 メーデー前夜祭出演。
 6月 ゼミナール主催年間演劇教室開催(第二次)
 7月 第3回ヴォードビル集上演
 7月 戸山高校に於てヴォードビル上演
 9月 富士高校に於てヴォードビル上演
12月 実験劇場第二回公演チェーホフ作下村正夫演出「ワーニャ伯父さん」四幕上演予定