トップイメージ

新人団員募集

劇団東演では新しい力を求めています。
あなたの才能を腰を据えて試してみませんか。
内外の新進気鋭の様々な演出家と出会い劇団員は様々なところで活躍し、
若い役者は東京公演、地方公演と大活躍しています。
このチャンスをどうかお見逃しなく!

劇団東演とは

劇団東演は1959年、故・八田元夫(1976年没)、故・下村正夫(1977年没)の両演出家を中心に発足しました。『現代社会に鋭く目を向けた創作劇の創造』、『近代古典の積極的発掘』を旗印に、チェーホフ、ゴーリキー、木下順二、三好十郎、山田民雄等の作品に取り組んできました。中でも、『どん底』(作/ゴーリキー・演出/八田元夫)は、<東演の『どん底』か>、<『どん底』の東演か>、と言われるほどに、アンサンブルが醸し出す密度の濃い人間ドラマが評価され、今も尚、劇団の代表作として語り継がれています。両演出家が他界した後、1978年に活動の本拠地を現在の『東演パラータ』に移してからは、劇団外からも演出家を招き、国内外の劇作家の新作、古典、翻訳劇を幅広く取り上げ、精力的に上演し続けてきました。創立理念と伝統の力は脈々と受け継がれており、2015年6月の文化座との合同公演『廃墟』(作/三好十郎・演出/鵜山仁)では、第23回読売演劇大賞の中間選考会において作品賞と演出家賞にノミネートされ、今現在も高い評価を生み出す舞台を発信し続けています。

どん底舞台写真 2012年どん底 舞台写真
ハムレット ハムレット 舞台写真 兄弟 兄弟 舞台写真 検察官 検察官 舞台写真

魅力・特色

東演パラータ

劇団の大きな魅力は、『東演パラータ』という自前の劇場(稽古場)を持っていることです。劇団の本公演だけでなく、自主企画の公演や発表会を積極的に上演しています。又、<役者が鍛練する><役者を育てる>場としても常に開放されており、ダンスや野口体操等のレッスンを通して、己の芸に磨きをかけています。自前の劇場(稽古場)を持っていることは、皆さんが思っている以上に豊かで贅沢な環境だと思います。意欲溢れる若い皆さん、この空間をフル活用して、私達と一緒に切磋琢磨しましょう。

ユーゴザパト劇場との交流

私達は、ロシアのユーゴザパト劇場のベリャコーヴィッチ氏を招き、20余年もの時間をかけて、共同作業に取り組んでいます。1993年の『ロミオとジュリエット』の上演以来、『モリエール』『三文オペラ』等、ダイナミックで刺激的な作品を上演し続けてきました。近年は、『どん底』『ハムレット』『検察官』の東京及び全国公演を行い、大きな成果をあげました。そして、2019年3月には、劇団創立60周年を記念して『マクベス』の上演を控えており、今後も交流が続きます。入団3年以内の若手も多数活躍しており、新しく入団した皆さんにも、大きなチャンスがあるでしょう。

中国の現代劇の上演

私達は、1998年に『長江』を上演して以来、『www. com 』『臨時病室』『兄弟』といった中国の現代劇を精力的に取り上げてきました。『長江』は全国各地及び、上海、武漢、広州での公演を実現し、『www. com 』『臨時病室』は、中国の劇団との相互上演を実現させました。そして2018年2月には、演出を新しくした『臨時病室』を上演します。中国の現代劇に触れる機会は貴重なので、皆さんの感性や創造力を大きく刺激してくれるはずです。

準劇団員の声

入ってよかったこと

とにかく現場にすぐ関われます。芝居ももちろんそうですが、スタッフとして現場に関わることで、舞台がどのように出来上がっていくのか、舞台の大変さ・楽しさを肌で感じることができます。先輩方も優しく、時には厳しく教えてくれます。

初舞台

2017年8月『朗読劇 月光の夏』前年では稽古場の音出しをしていました。先輩方の稽古を見ながら(僕だったら・・・)と考えてた芝居をまさか翌年出演出来るとは思いもしませんでした。先輩方に助けていただきながら頑張りました。

入団を考えているあなたへ

東演の魅力は自分の小屋を持っていることだと思います。稽古場もあるので練習もできますし、自主公演という形で芝居をうつこともできます。もちろんそれにはやらなければならないこともありますが、とにかく「やりたい」という気持ちに応えてくれる劇団です。一緒にいろんなことに挑戦しましょう。

旅公演は最高

劇団2年目から「マクベス」地方公演に参加しました。仕込み・本番・バラシと忙しい日が続くことがありますが、芝居で全国を巡演できる喜びと、初めて行く土地の新鮮さ、各地の観客の皆様との出会いは演劇人にとって格別です。2021年には夢であった地元凱旋公演も果たし、劇団に入って良かったと改めて思いました。

2022年度募集要項

・準劇団員として採用(劇団の構成員で即戦力として期待)

・規定のギャランティによって各種公演(東京公演、地方公演)に参加してもらいます

・準劇団員は各自の劇団活動を総合判断され、劇団員に昇格となる

募集内容
演技部/演出部(舞台スタッフ)/制作部(月給)
(制作部は別途お問い合わせください)
募集人員
各部若干名(年度によって異なります)
応募資格
2年以上の専門教育を受けた方、またはそれに準ずる能力が認められた方
試験日時
2022年3月6日(日)午前10時~
2022年3月20日(日)午前10時~
2022年4月3日(日)午前10時~
試験内容
筆記(一般常識)/実技/面接
受験料
5,000円 (その他、入所金・授業料等の諸費用はありません)

受験資料は下記、劇団までご請求ください。

住所
〒155-0033 東京都世田谷区代田1-30-13
TEL
03-3419-2871
FAX
03-3414-4753
お問い合わせ
劇団東演 制作部
メールでのお問い合わせはこちら